保育目標

基本方針と保育目標

 

 基本方針は子どもの月齢、年齢に応じた保育と発達援助を、保育士との安定的な愛着形成のもと、個々の生活習慣に配慮して行うことです。保育目標として、1.保育士との温かな愛着の形成、2.生活習慣の定着、3.十分な外遊びによる体力づくり、4.興味を持った遊びによる認知発達の促進、5.異年齢保育による他児との協調性のめばえ、を重視いたします

 保護者支援に関しては、子育てを行う中で感じる日々の不安や要望を受け止めることを重視し、日々のやり取りの中で子育ての喜びを味わって頂けるよう工夫いたします。保育士全員がこれらを認識し、自覚を持って保育に臨みます。

保育内容​の厳選

 保育内容として、子どもたちが興味を持てる言語教材(絵本、紙芝居、ペープサート等)、自ら工夫して取り組める工作教材(絵具、粘土、おり紙等)、楽しく体力作りになる運動(音楽遊び、外遊び等)等により、時に深く集中し、楽しい気持ちで過ごせるよう、保育内容を工夫いたします。

児童健康福祉に関する重要事項への取り組み

 

 児童の健康福祉にとって最近特に課題となっている、

 

・幼少期からの食育の重要性

・運動遊びによる体力づくり

・健全な睡眠習慣の形成   を重要事項と捉え、幼少期から生涯に亘って健康を支える基礎を作ります。

​ ※特別な配慮が必要なお子さんに関しては、その子の状態に合わせた保育を担当する保育士がきめ細やかに行います。

© 2016 by ALTA Nursery Inc.